2023年8月2日_機能アップデート

hokan 機能アップデート hokanのアップデート情報

皆様

株式会社hokan石野でございます。いつもhokanをご利用頂きまして誠にありがとうございます。

今週のアップデート情報を解説いたします!

目次


📌【プロジェクト】意向把握の制御がチェックリストからステージ遷移に変更
📌【プロジェクト】プロジェクト満期更改のアップデート(満期落ち記録)
📌【顧客一覧】顧客の復元画面で消去の時刻が表示される
📌【管理者向け:顧客一覧】メモ一括作成の上限50件の撤廃
📌【TODO】TODOのリマインダーをTODO担当者以外も設定できるようになる
📌【管理者向け:名寄せ】名寄せ条件に優先順位を設定できるようになる

 

【プロジェクト】意向把握の制御がチェックリストからステージ遷移に変更

これまでプロジェクトタイプ募集で設定できた意向把握のチェックリストが、直近アップデートされたステージ遷移時の制御に機能として移行されました。

チェックリスト時代と効いている制御は変わりませんが、導線がシンプルになるだけでなく、これまでのチェックリスト意向把握は、そのチェックリストから作成もしくは紐付けした意向把握がないと先のステージに進めない仕様でしたが、今回のアップデートでチケット内で作成した意向把握や、紐付けた意向把握があれば、ステージの遷移ができるようになりました。

※元々チェックリストで意向把握の制御を設定していた代理店様は、弊社にて同一のステージでの遷移時の必須機能にデータ移行実施しております。

プロジェクト設定画面で、意向把握の制御をかけたいステージを選択いただくと以下のような画面になります。「意向把握」部分のボタンを押していただくことで、該当のステージにチケットを遷移する時の意向把握のチケットとの紐付け(つまり意向把握が作成できている状態)を実現できます。

チケット遷移時、チケットと紐づいている意向把握があれば以下のように意向把握を選択して次のステージに進めることができるようになります。

チケットへの意向把握紐付け、チケット内での意向把握作成は以下の画面から可能です。

【プロジェクト】プロジェクト満期更改のアップデート(満期落ち記録)

プロジェクト満期更改に関して、以下のアップデートが実施されました。

落ちステージの満期落ち確認日時が自動記録されるようになる

満期落ちのステージに遷移させた際画面上にポップアップする落ち情報記録に確認日時が自動記録される仕様が実装されました。

※「代理店独自コード」を満期更改プロジェクトにて表示・検索・ソートが実施できるようになりました。

満期更改プロジェクトで利用している更改後計上日を満期更改契約の計上年月から、申込日に変更する

プロジェクト満期更改更改のチケット内「更改後計上日」に紐づけた契約の申込日が表示される仕様に変更となります。

【顧客一覧】顧客の復元画面で消去の時刻が表示される

消去から90日間は消去顧客の復元が実施できますが、その顧客復元の画面でいつ消去されたのか、時刻まで表示されるようになります。

【管理者向け:顧客一覧】メモ一括作成の上限50件の撤廃

これまで顧客一覧画面のメモ一括作成は上限が50件に制限されておりましたが、今回のアップデートにより制限が撤廃されます。
※処理速度を担保するためにメモ一括作成時に添付ファイルをつけることはできない仕様となります。
※メモ一括作成はhokanの管理者権限を持っているユーザー様のみで実施可能です。

【TODO】TODOのリマインダーをTODO担当者以外も設定できるようになる

TODO機能のリマインダーは担当者本人にしか設定ができず、編集もできませんでしたが、今回のアプデーとでTODOの担当者以外でもリマインダーを設定編集することができるようになります。

リマインダーの通知をグループアカウント(infoなど複数名にメールが送信されるアドレスで作成したhokanユーザー)に設定している際などに活用いただけます。

【管理者向け:名寄せ】名寄せ条件に優先順位を設定できるようになる

個人、法人ともにhokanでは複数の名寄せ条件を代理店様単位でご設定いただける仕様でしたが、今回のアップデートにより、名寄せ条件に優先順位を設定できるようになりました。

代理店様の保有顧客の状況に応じて優先したい条件を順番含め設定いただけます。